スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

特定調停デメリット

2008.03.24(15:09)
話し合いによる手続のため、必ずしも調停が成立するとは限りません。
裁判所を通す手続と言っても、「話し合い」の側面が強い手続のため、債権者の同意が必要になります。
このため、支払金額や回数など、必ずしも申立人の主張が全て認められるとは限りません。調停が不調に終わった場合は、別の債務整理方法を検討することになります。

調停が成立すると、その内容は「調停調書」になります。これは債務名義(裁判で判決が出たことと同じ効果が認められる)になるので、支払を怠ったりすると、強制執行(給料差押等)をされる可能性もあります。調停が成立する前に、内容はよく確認することが大切です。


特定調停の申立をすると、各信用情報機関へ登録され、今後5年間~7年間は新たな借入をしたり、ローンが組めなくなります。

無料相談の案内をしています。
   ↓↓↓↓↓
多重債務・借金返済でお困りの方!悩んでいないで相談無料の『債務110番』へ!

北海道Blog Ranking
<<個人再生の費用 | ホームへ | 特定調停メリット③>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sapporojikohasan.blog110.fc2.com/tb.php/74-a481f7c6
| ホームへ |
スポンサード リンク

カテゴリー
カウンター

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。